2022/09/24(土)

少し遅く起床した。

 

三国志 Three Kingdoms」を視聴していた。

赤壁の戦い時に関羽曹操を華容道で逃して軍法にかけられるシーンは、感動しつつも三兄弟の言動がダチョウ倶楽部の伝統芸みたいで楽しい。

 

110番中に動画を送れる 「映像通報システム」が10月から開始されるらしい。

デジタル隣組制度みたいなものか。

世の中が、どんどん「浄化」されていくような気がする。

通報に報奨金が出るようになれば、それで食べる人が出てくるかもしれない。

時代が逆回転しているような感じがする。

技術の進歩によって、手作業だとコストがかかることでも、できるようになっているしね。

自分はついていけないかもしれないな。

今でさえ、息苦しさを感じてしまうから。

対策としては、言動に気をつけるくらいしかなかな。

 

ここ数年、情報を集めていたけど、少数派の方々に選民意識が芽生えてきている感じがするので、少数派の方々の情報取得を減らしたほうがいいかなと思えてきた。

科学的だったり非科学的だったり、考えた方の派閥は幅広いものがある。

多数派の人にも選民意識みたいなものがあったように感じたけど、どちらかというと集団帰属意識による共感や安心感の取得による気持ちよさがあった感じがする。

集団帰属意識による共感や安心感の取得による気持ちよさを邪魔したり否定する者は敵になると思う。

お祭りや文化祭、体育祭みたいな感じか。

「みんな、頑張っているんだ」。

自分も一応社会の構成員なので参加はするのだけど、どうしても色々考えてしまうし、調べてしまう。

かといって、少数派の方々みたいに、(自分がそう思っているだけかもしれない)正義や正しさを主張する胆力は自分にはない。

どちらも息苦しいのだ。

中道でなんとか生きていければいいと思う。

基本的にテレビや新聞で報道されなければ、(自分含めて)みんな忘れるだろうし。

それまではなんとか生きていたいものだ。

多数派の方々の自分への影響を少なくするには、科学的知識が必要だ。

デビルマン」みたいな「デーモン狩り」が始まったら、仕方がないわな。

科学云々てより、気持ちや感情の問題だろうし。

なとと考えたところで、自己満足なんだろうけど。

 

紀元前と紀元後の宗教を占星術や数字の視点から見ると面白いと知った。

類似性も認識できたので、耐性は少し上がった気がする。

少しの差異で対立しているような感じだった。

というか、当事者にとっては少しの差異が大事なんだろうけど。

敵を作ったほうがわかりやすいとは思う。

「知識の独占」も必要らしい。

知識自体も昔の異教のものだったりするようで、いろいろあるようだ。

宗教の影響を知ったりするのは好きなんですけどね。

この場合、宗教学っていうやつなのだろうか。

 

遠出ができないので、近くのビジネスホテルに泊まった。

パンチカードみたいなカードキーで初めて見るようなものだった。

夕食を買おうかと思っていたのだが、チェックインしてから外出するのが面倒くさいので、朝まで断食をしてみる。