2022/08/29(月)

賃金労働へ行った。

疲れた。

 

「FE暁の女神」で第三部になるとグレイル傭兵団がほぼ主役になってくる。

「絆永久に」がよくかかる。

フィールドマップの曲では、一番好きな曲。

www.youtube.com

 

戦闘曲だと、「忠義尽くさん」と「我故に我アリ」が好き。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

FEシリーズ全体だと「メインテーマ」は筆頭として、「風花雪月」の

「Fodlan Winds」が好きだと言えそう。

www.youtube.com

 

メインテーマは、トラキア776が聴きやすくて好きです。

www.youtube.com

トラキア776」は、ミランダを仲間にするルートを選択して一回クリアした。

別ルートをもう一回やるかと思ってから、20年近く経っている。

リーフ×ナンナ派と比較して、リーフ×ミランダ派は少数派なのだろうか。

リーフ×ジャンヌ派より少なそうだ。

マゾじゃなくてもクリアできる優しい「トラキア776」を出してほしい。

一度クリアしたから自分もマゾか。

ティアリングサーガ」と「ベルウィックサーガ」もマゾに優しいゲームでおすすめだ。

 

興味があるので情報を色々掘っているといわゆる反対派の方の話が出てくるのだけど、ソクラテスの逸話みたいな感じがする。

学級委員的で、いろいろ疲れる感じがする。

帰りのホームルームで「〇〇くんはいけないと思います」と言いそうな感じだ。

反省した姿勢が見られないと、多分帰れないのだろうな。

一方、いわゆる推進派や賛成派の方の場合、正義感、利益取得、権益拡大、立場主義や多数によるマウント等が挙げられ、人間的でわかりやすい感じがする。

いわゆる(仕事でやっている方を除く)推進派や賛成派の方々の言動で不思議に感じるのが、通常だと当局や大企業等の批判(誰がやっても同じ、変わらない、信じられない等?)をしていた人たちが積極的に信頼してマンセーしていること。

フリをしているだけなのだろうか。

どっちも正義感があるのだろうと思われる。

干渉したり、されたりは疲れることだろうけど、何かが燃料になっているのだろうと思う。

外国の先行事例や最新の研究結果が手に入る時代だから、消化試合感がある。

過去の事案を見てみたら、対応するのは外国から1・2年遅れるみたいなので、もう少し続くんだろうなと思う。

組織としての責任や結果を認めるのは、当時の責任者が退職したり、亡くなってからみたいなので、だいぶ先なのだろうなと思う。