2022/06/19(日)

いつもより遅く起床した。

 

新聞読みつつ、マリナーズエンゼルス戦を視聴しながら朝食を食べた。

CSでは、武豊テレビはやっていなかった。

かわりに中日対巨人戦が放送されていた。

新聞は、地方新聞、日経新聞スポニチを読んだ。

 

久しぶりにプリッツを食べた。

おねがい☆ツインズ」を思い出した。

通販恐怖症(今では依存症ですが)だった当時の私がAmazonで初めて買ったのが「おねがい☆ツインズ」のDVD1巻初回版だったくらい好きだったものだ。

キャラクターは思い浮かぶのだけど、名前や声優さんを思い出すことができない。

www.youtube.com

聖地巡礼に行ったくらい好きだったのだけどね。

同じ聖地である「おねがい☆ティーチャー」は、それほど好きではなかったです。(歌は好きでしたが)

まりえカレーとか食べた記憶があるのだけど、今でもあるのかね。

ランティスとかKOTOKOの一部の曲も、amazon musicで聴けたらうれしいのだけど。

自分にとっては演歌みたいなものだし。

 

「葬送のフリーレン」8巻を読んだ。

面白かった。

淡白な感じがするけど、好きなマンガだ。

自分は、うぇぶりで読んでいる。

最近、休載になっているので、とても残念。

 

YouTubeでエ□ゲーのOPやEDを集めたチャンネルがあったので、色々視聴してみた。

https://www.youtube.com/user/cloud9syt/videos

https://www.youtube.com/channel/UC5xWR7gVttfUC6166HZZyjA/videos

いただきじゃんがりあんR」や「CARNIVAL」のOP動画を見ていると、時代を感じるなと、しみじみ思った。

OPは知っているけど、ゲーム内容は知らないものが結構多くある。

2000年代が最盛期で多くのエ□ゲーが出ていたようだけど、今や昔みたいな感じだろうと思う。

クラウドファンディング等で資金を確保したりする時代なのだろうかね。

曲だと、「Canvas2」のOPが今でも好きだ。

www.youtube.com

 

「plastic smile」だとPerfumeの方が有名だろうかね。

BGM単体だと、「戦国ランス」Rebirth the edgeと「Final Dragon Chronicle(愛佳でいくの!!)」Gears Of Fateが好きだ。

www.youtube.com

www.youtube.com

 エ□ゲーやギャルゲーをひたすらやっていた時期もありましたが、体力が必要だと感じる。

ToHeart2」は、よっちが好きで、攻略対象キャラでもないのによっち本を買っていたものだ。

XRATEDで攻略対象キャラになったのだっけか。

当時は22時~23時頃に帰宅して遅い夕食・入浴してから「ToHeart2」をやっていたのだけど、とても元気というか、本当に好きだったのだなと思う。

早く寝た方がいいのにね。

今では定時退社しても、集中してゲームやる体力がないわけで、ままならないものです。

いつか「巣作りドラゴン」をやりたいと思っている。

調べてみたらHOOKのゲームがWin10でもできるようだ。

「OrangePocket」、「LikeLife」、「_summer」、「HoneyComing」あたりまでなら、自分も覚えている。

 

CSのジャイアンツセレクションを視聴しながら、昼食を食べた。

中日のエース今中から打った吉村のサヨナラヒット、中日の北野から打った松井のサヨナラHR、桑田のヤクルト飯田への危険球退場、広島の大野から打った高橋由伸の逆転3ランHRが流れた。

桑田だけ何か毛色が違うのはなんでだろうか。

地上波中継をしていた頃の話だと思う。

ジャイアンツセレクションは、大本営発表みたいで高揚感が湧き出す。

巨人ファンは楽しいのだろうね。

中日の次に好きなのは巨人だから、自分も洗脳されていたのだろうと思う。

 

放送法の改正案が可決されていたらしい。

ますますテレビを買わなくていい気がしてきた。

液晶モニタでいいです。

 

鈍行で移動した。

車内でノートPCを広げて、打鍵している男性がいた。

結構大きい音だった。

その音を聞いていたら、おすすめRPG里見の謎」が頭に浮かんだ。

ヒロインのセリフで

「わたしに なんのあいさつもないで、タカタカ タカタカ、キーボード たたいてんじゃ ないよっ!」

というのがあったからだ。

キーボードの打鍵音がなる中、電子書籍を読んで過ごした。

DSやPSPの頃は車内でもゲームやっていたのですが、そんな体力はございません。

降車駅で改札を出ようとしたら、大声で独り言を口から出している男性がいた。

とても焦っている様子だった。